So-net無料ブログ作成
検索選択
理系的バスフィッシング ブログトップ
前の10件 | -

50UPの単価 [理系的バスフィッシング]

久しぶりの「理系的バスフィッシング」シリーズ

かなり前にもちょっとやった企画
釣りにかかるコストわ?
ちょうど2年前にしたんだ。コレ(笑)

今はおかっぱりだけじゃなくって、ボートにも行くので当時よりももちょっとかかってるのかな?

今度は精度を上げてやってみた
 

1釣行でなんぼ?一匹なんぼ?


ハンドル長を科学する [理系的バスフィッシング]

ハンドル長を科学する

琵琶湖に通い始めてそろそろ2年
おかっぱり7割 ボート3割な感じかな?

思ったこと
特におかっぱりで思ったこと

「巻いていかないと型と数が揃いにくい」

必ずというわけではない。
もちろんノーシンカーのセンコーで1日やりきってふるぼっこって経験もある
その時のパターンってのでしょうか?

でも、それに到達するにしても、初めは早い釣りで巻いてレンジ探ってエリア絞ってとなって、テキサスやノーシンカーでバスの目線をしぼっていく

でも、その巻きが・・・おろそかだと

根本的に釣れないよね


メンテナンス前後の摩擦係数の違い [理系的バスフィッシング]

メンテナンス前と後のベアリング

ベアリングってリールの中でも一番メンテナンスしやすい部品です
特にスプールベアリング

特に外さなくてもF-0吹いて、脱脂後に純正オイルを適量注すだけでいい
コレだけで全く違うベアリングに生まれ変わります
いかに汚れがべアリングの摩擦抵抗になってるか?
脱脂が重要か?

ちょっと実験してみましょう

ヲタ的バスフィッシングです


フォーミュラーを科学する [理系的バスフィッシング]

フォーミュラーを科学する

いろんなメーカーから色んなフォーミュラーって出てますね

・集魚力
・魚の好む臭い

いろんな効果があると宣伝していますね
最近では、ZAPPUからチョベリグ が発売されて、釣具やさんでもレジの横においてある位売り出されてます

昔は、ガルプ ALIVE! とマルキューのあのイカ臭いあれが有名でしたが^_^;
で、いったいどれだけ効果があるのか実験してみました

魚にも嗅覚はあるからね


ノット強度を科学する [理系的バスフィッシング]

ノット強度を科学する

でかい魚が欲しい
アングラーなら誰しもが望むこと
でかい魚を見るためには、ロッド・リール・ルアー・ライン

どれも妥協できない
そして信用できるものを使わないと不安が残る
特にラインってのは重要で、しょっぱいラインだとやっぱり信用できない
古いラインでも信用できない

でっかいのをかけたのにノットが取れたとか、ノットから切れたなんて・・

考えただけでもぞっとします
久しぶりの理系的バスフィッシングです

ちょっと長いけど、面白い結果が出た
手間かかったからお願い。最後まで読んで(笑)

で、今回のお題


フッキングを科学する [理系的バスフィッシング]

フッキングを科学する

こないだ最後に出した宿題
ガツンとフッキングすると一体どれくらい引っ張ってるのか
フッキングが甘いとどういう風になってるのかをチョット検証

【おさらい】

・リールから50m(5,000cm)先でバイトがあった
・ぐりぐりしてラインを水平にしてあわせた
・ロッドはバリスタで水平位置から垂直へフッキング

モチロン机上の計算になるので、正確には違う
ラインの伸びもあるし、まったく垂直に引けるわけでもない

でも一体どれくらい引っ張ってこれるのか?
ってのは、知っててソンはないかも


 

三角関数ってありましたよね(^^♪


軽量スプールを科学する [理系的バスフィッシング]

軽量スプールを科学する

最近釣りの話題をしていない・・・
ってことで、久しぶりに釣りの話しに、久しぶりの科学するシリーズ
今回は、ちまたで流行のベイトフィネス

10年以上釣りをしている人からは何を今更・・・
って感は否めませんが、歴史は繰り返すってところかな?
ベイトフィネスは、14,5年位前に流行ったんですよね

私がまだ学生のころでしょうか?
バスフィッシングブームで、西日本のフィールドも一気にハイプレッシャー化
んで、ライトリグどころか、ハードルアーまでちっちゃくなった

で、ULやライトなベイトが登場したのがきっかけだったでしょうか
専用なロッドやリールは、今ほどなかったですが・・・

 

前置きはさておき・・・


理系的バスフィッシング [理系的バスフィッシング]

理系的バスフィッシング

なんだか呼ばれたような気がするので^_^;

どうもこの理系的バスフィッシングが、ごく一部のヲタファンの間で人気なご様子(笑)
理系というのは、救いようがなく、比較できるもの数的根拠のあるものを信じたがるわけで・・・
というわけで、私のバスフィッシングの理論の一部をチョットだけ


バス釣りってのは、誰にでも簡単にどこでも釣れる。しかもソルトでしか味わえないような強い引きを楽しめる
こんな手軽で楽しい釣りは、他にはなかなかない

そう強い引きを楽しめるのですよ

が・・・バスもバカではないので、エサでもないプラスチックのおもちゃに簡単に食いつくわけでもない。
ビギナーズラックが少ない釣りでもあるのも確か

簡単なのかよ・・・難しいのかよどっちだよ
と、言われそうですが、釣るだけならそれほど難しいわけではないと思うんですよね

なにが難しいかというと、やはり狙って数と型をそろえることでしょうね
でわどうやって、効率よく数と型をそろえるの??っとなれば・・・

理系的(ヲタ的)バスフィッシングはこちら


バックラッシュを科学する [理系的バスフィッシング]

バックラッシュを科学する

ベイトリールはパワーもあり、琵琶湖に限らずいろんなフィールで有利にゲームを進めることができますよね

しかし、スピニングリールに比べてルアーの飛距離で不利であったり、バックラッシュで悩まされたり・・・

で、今回の「釣りを科学する」シリーズはバックラッシュは何故起こる?

原因は皆さんご存知の通り

高校の物理ですよ


ベイトフィッシュを科学する [理系的バスフィッシング]

ベイトフィッシュを科学する

いったいバスは何を好んでルアーにアタックするのか?
釣れるルアー釣れないルアー?

このへんは難しいところ

ただ、バスというのは真冬や真夏の日中ならともかく基本的にはエサを求める生物であり、ストラクチャに依存する生物
それが、杭だったりブレイクだったりウィードだったり

これらのストラクチャは解りやすいですね
解りにくいストラクチャで以前に「カレント」というのがありましたが、動くストラクチャもあります

それがコレ

つまり変化は全部ストラクチャ


前の10件 | - 理系的バスフィッシング ブログトップ