So-net無料ブログ作成
検索選択

メタMg7のオーバーホール [リールのOH]

メタMg7のオーバーホール

ラナさんから預かったメタMg7
キャロで数々の成果を出してきた代物です
購入して1年ちょっとということですので、リールとしてはまだまだ元気なお年頃のはずです

しかし、以前にちょっと調子が悪いと言っていたようにすこし巻き抵抗がありますね
異物混入かな?

【まずは外装チェック傷は見当たりません】
1.JPG

【B受けを外してピンをピンセットで外します】
2.JPG

飛ばさないでね。手でふたをして外すように

【ハンドルを外しますリテーナーをドライバで外す】
3.JPG

【10ミリのレンチで緩める】
4.JPG

ラナさんのメタMg7は左ハンドルなので逆ネジです
間違ってねじ切らないでね

【スタードラグを外します】
5.JPG

右から順に上です。
すでにジューシーですね(笑)

【キャスコンのピンを外します】

6.JPG

しつこいようですが、飛ばさない

【ベアリングが取れました】

7.JPG

ZPI F−0 パーツクリーナー をかけると・・・
変な緑色の汁が(笑)
キッチンペーパーがあっというまに染まります

【サイドカバーを外します】

8.JPG

黒いネジはボディーを止めてます
シルバーはレベルギアガードを止めてると覚えてください
長さが違います

【クロスギアカバーは細い-ドライバで外しましょう】

9.JPG

ネジは黒で長いの

ドライバーはベッセル/VESSEL が安価で使いやすい
国産で精度が高くネジをなめにくい。

【ギアボックスご開帳】

11.JPG

うっ!これは・・・汚い(笑)

【メインギアを外します】

12.JPG

ワッカになってるカーボンドラグは割れやすいので先の細いピンセットや楊枝でつんつんしながら外しましょう
これまたかなり汚れてます

【ピニオンギアを外します】

13.JPG

手で取れます

【外れました】

14.JPG

グリスはまだ生きてるようです

【メインギアシャフトを外します】

15.JPG

ネジ2本

【外れました】

16.JPG

かなり汚れてる
ハンドルのひっかかりはこれが原因ではないかな?

【パーツクリーナをベアリングとともに吹くと・・・】

17.JPG

変なお汁と変な粉がかなり出てきた
全てベアリングから出てきたなり~

【このスプリングをラジペンで摘んで外す。折らないでね】

18.JPG

力任せに斜めに力をかけると折れます

【クラッチ座金を外します。ネジ2本】

19.JPG

【クラッチが全て外れました】

20.JPG

これまたジューシーです
クラッチレバーが硬かったのはこれですね

【サイドカバーを外します。Eリングで止まってます】

21.JPG

一番初めに外してもいいし、外さなくてもメタMgは作業ができます
メンテナンス性はめっちゃいい

【クラッチレバーを外します】

22.JPG

裏にネジがあるので、緩めてください

【ステーが外れてレバーも取れます】

23.JPG

【ボディーに付いてるベアリングももう手で取れます】

24.JPG

これホントにベアリングですか?
酷使されてます(笑)

【レベルワインドの取り外し】

25.JPG

中から大きめの-ドライバで緩めます
ちょっと長めが作業しやすいです。短いと届かない

【左からクロスギアピン・スペーサー・カバー】

26.JPG

ワッシャーは調整用と思われます
たぶん固体によって1枚だったり2枚だったりじゃないかな?
とにかくかなり汚れてる
ゴロゴロの原因はここにもありそう

【クロスギアの取り外しにかかります】

27.JPG

Eリングを外します
-ドライバかピンセットで外しましょう
ドライバの方が力は入りやすいです

【Eリングが取れればバラバラになります】

28.JPG


Eリング1個で止まってるだけなので、外せば手で全て分解できます
それにしても・・たった1年半でこんなに汚れるんですか?
キャロはリールに負担がかかるので当然といえば当然かもしれませんね


【もうボディーは空っぽなので、水洗いです】

29.JPG

きれいになったでしょ?

【はい全バラ完了。メタMgは作業がしやすいです】

30.JPG

焼酎のみながらでも出来るくらい簡単でした
奥の椅子でダックスが寝てるのはご愛嬌


【いよいよ組み立て。逆の順番で組み立てです】

31.JPG

クロスギアと反対側のカラーを組み付けます

【レベルワインドを通して反対側まで貫く】

32.JPG

手で押さえながら作業するとずれにくい
クロスギアカバーがはまるように黒いからーには溝が彫ってます
しっかりはまってないとEリングをはめる溝が最後まで出てきません

【Eリングを止めましょう】

33.JPG

これでクロスギアは終了
クロスギアとEリングには薄く満遍なくグリスを塗ってね
グリスはSHIMANO純正グリス
店頭には並んでませんが、ショップで取り寄せることが可能
SHIPグリスといえば、取り寄せてくれます
840円

【クロスギアピンを取り付け】

34.JPG

クロスギア→ワッシャー→カバーの順で組み付け

【組み付け完了】

35.JPG

奥まってるのでちょっとはめにくい
先曲がりのピンセットが便利

【クラッチレバーのカラーを取り付け】

36.JPG

【ステーをはめ込みます】

37.JPG

グリスを薄く満遍なくね

【クラッチレバーを取り付けます】

38.JPG

【裏からネジで仮組】

39.JPG

まだ最後まで締めない
完全にしめちゃうとこの後のクラッチレバースプリングを組みにくいので

【ベアリングをはめ込んで】

40.JPG

ベアリングには、SHIMANO純正リールグリス をさしておきましょう

【クラッチ・スプリング・ツメを組みます】

41.JPG

スプリングは足が長いほうがボディ側です
間違えるとクラッチが戻らない

【座金を固定。黒ネジ2本】

42.JPG

うん。綺麗になった

【メインシャフトを取り付けてメインギアを組み込む】

43.JPG

ドラグにはACE-2というこれまたシマノ純正のドラググリスがあります
かなりネバネバ

これも店頭には並んでませんが、取り寄せが可能です
やっぱり840円
薄く満遍なくね

【ピニオンギアとカラーを取り付け】

45.JPG

カラーは平らなほうが上です
スプリングも取り付けて、薄く満遍なくギアにSHIPグリスを塗ってね

【メインギアの溝にあわせてカラーを取り付け】

46.JPG

【サイドカバーを取り付けましょう】

47.JPG

ただし先にレベルワインドガードを取り付けてね
順番が逆だとレベルワインドガードははまりません
写真撮るのわすれた^_^;

【ネジでボディを固定】

48.JPG

スプールのところの黒ネジが長いほう
写真下のボディ外側黒ネジは短いほう

それっぽくなってきましたね

【先にこのレベルワインドガードをはめてからボディね】

49.JPG

【キャスコンのベアリングをはめてピンで固定】

53.JPG

【B受けのベアリングも組み込みます】

54.JPG

【あとはハンドルを組めば完成】

4.JPG

どお?かなりいい感じでしょ?


【これが1年間のベアリングの汚れ】

55.JPG

全てベアリングから出てきました
白のキッチンペーパーだったのに・・なんか変な汁とカスが・・・

【こっちはギアの汚れ】

56.JPG

これまたドロドロでした
水洗いしてからパーツクリーナー で脱脂済みでもこれ

ハンドル内部も洗浄して注油したのでハンドルノブが軽い
これで繊細なバイトも取りやすいと思います
ライン越しに伝わる抵抗が感じやすいので、ハンドルの清掃注油はファインチューンにもってこいですよ

スプールの動きと巻き抵抗がかなり復活
ただ問題もありました

今回はベアリングはひとまず交換はしませんでしたがメインギアのベアリングは交換した方がいいみたい
ギアが滑らかに動くぶん、ベアリングのコロコロが逆に目立つようになった
メインギアのベアリングだけでいいと思いますよ
たしか800円だったと思う

メタMgは簡単にばらせるので皆さんお試しあれ~~

【最後にパーツクリーナーでボディを拭きあげ】

58.JPG

しかし・・・いままでのリールで一番使い込んでるリールだった鴨
キャロはやはりリールに負担かかるんだね
でも、そこは工業用歯車メーカーのシマノさん

ギアの歯こぼれやゆがみは一切無かったです


nice!(3)  コメント(20)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 20

おがっちぃ

いつ見ても、すげぇや(笑)やっぱ、工学出のチャリンコアングラーさんは、すごいっすね。
次回から、ベイトのOHは、お任せします(笑)
ちなみに、エキップですが、現時点で1/2ozは完売だそうなw
1/4と3/8は若干数残っているそうです。
それで良ければ、近いうちにパラダイス巡りしますか?
1/2メインだと、安売りは、どっか探さないと、難しいかもですね。

しっかし、ラナさんのMg7・・俺も、それぐらいになるくらいまで酷使
してみたいわw

多少のメンテをしていても、やはり、カスは詰まるんですね~。
ベアリングを外品に交換して、純正との違いを試してみたい
今日この頃w

また、ある程度今のリールを使ってから、チャリンコアングラーさんに
ベアリングを交換依頼しよっかなぁ~♪

by おがっちぃ (2010-04-06 14:59) 

someking

相変わらず凄い作業っぷりで (汗)

ああいうのが出てきたらベアリングは逝っちゃってますね。でもこれでまた捕れる魚の数が増えそう。

by someking (2010-04-06 15:02) 

バードハンター☆あきら

これですね~今世紀最大の代物のOHとは!!

しかし凄い14さ・・・人のこと言えない私でございます。

by バードハンター☆あきら (2010-04-06 17:28) 

チャリンコアングラー

>おがっちぃさん

ベアリングを社外品とか同じメーカーでもグレードを上げると一気に変わりますよ
なんせ、1秒間に何千回転とかするわけですからね
耐摩耗性をあげるかそこを犠牲にしてハイスペックにするかは、微妙ですが効果がもっとも体感できるパーツです

あと、社外品のスプールも効果は高いみたいですね
こっちはコスパ悪いですが^_^;
スプールは高すぎるxxx

>somekingさん

今世紀最大のリールでした(笑)
ただ、使い込み方と利用頻度からすると当然な気もします
キャロで1ozのリザーバーシンカーをおかっぱりから漁礁へ飛ばすわけですから^_^;

ギアの噛み合いがよくなった分、ベアリングのコロコロがちょと手にくるけどベアリングを換えればかなりよくなると思います
しかし・・・メタMgのメンテナンス性の良さは凄いです
そして精度も含めて、惚れ惚れしますね。極限まで軽く作ったぞ!敵な肉抜きといい完璧

リールシートが分割されてるんですね。軽いわけだ

>あきらさん

ジューシーでしたが、とってもやりがいのあるリールですよ
そして、メタMgのよさもよくわかりました
基本構造がアンタレスと一緒なんですよね。パーツにも互換性がありそうです
今度アンタレス5のクラッチレバーをメタMgの使いやすいのに交換しようかなぁなんて思ってます

違いはベアリングだけのようでした。スプールの重さはどうなんでしょ?
あまり変わらないなら、メタMgの方がコストパフォーマンス的に一番優れてるリールのような気がします

シマノに限ってはですが・・・
by チャリンコアングラー (2010-04-06 18:30) 

おがっちぃ

メタMg7スプール・・34mm/22mm(径/幅)
アンタAR・・34mm/22mm
アンタ5・・37mm/22mm
アンタ・・37mm/22mm
という事で、スプール径はARと一緒です。が、確かシャフトの
長さが違う為に、AR→Mgには使用不可やったと思います。
アンタで組み換えが出来るのは、アンタ5とVer2やったかな?
こちらは、スプールの組み換えが可能やったはずです。
重さ自体は、ほぼ変わらずといった所でしょうか。
ARはこちら。
http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=1034
Mgはこちら。
http://www.avail.jp/product/ms_mt0725/ms_mt0725.htm

ほぼ差が無いですね。
後は、ベアリングの数が違うだけだと思います。
ARには、ハンドルノブにまでベアリングが入っているはずですわ~
まきごこちが気にならなければ、Mgが一番の選択かもしれません

by おがっちぃ (2010-04-06 18:55) 

Hickey☆

お疲れ様です!

これはバラシ甲斐のありそうな感じですねσ(・・。)
効果もはっきり体感できるんじゃないかと思います。

ところでメタMgのクラッチレバーはアンタレスに流用出来るんですか?
カルコンのレバーは小加工で付けられるみたいのを見ましたが、
メタMgのが付けれるなら自分もやってみたいなぁ!
by Hickey☆ (2010-04-06 19:03) 

チャリンコアングラー

>おがっちぃさん

アンタ5とARはソルト専用か兼用みたいな差だったような気がします
たしか、ver2になると糸がいっぱい巻けるんじゃなかったかな?
あと、ベアリングが防腐処理されてるとかそんなのだった気がします

スプールの自重がそれほど変わらないようであればメタMgの方がコスパに優れますね
軽いに越したことはありませんが・・・1g程度であれば糸巻き量を変えれば済みますからね
軽いと加速しやすいし、ブレーキも利きやすいので快適です

>Hickey☆さん

実際に外して比べてないので、なんともいえないですがはまりそうでした
少なくともメタMgとARのクラッチレバーは同じもののような気がします

んで、シャフト軽が同じなので、アンタレス5にもはまるような気がするんですよね
ただ、メタMgの方が横幅が少し短いので、受けと逆側に隙間はだいぶんと開くと思います
でも、中心からはずれないのではないかな?ARも結構開いてますし

アンタレスのクラッチレバーはすべるので不満です。

今度寸法をはからなければ
by チャリンコアングラー (2010-04-06 20:13) 

ラナ

キャ~やめて見ないで~。

有難う御座いました。

メタmgは新品で買って一年なんで、そんなに心配してなかったんだけど凄いな~。

は・恥ずかしい(/_・、)
by ラナ (2010-04-06 21:11) 

steinberger

05メタニウムXTや07メタニウムMgのコスパの良さは、頭一つ抜き出ている感じですよね。

しかし、あまりに楽過ぎて、下手するとキャストの基本が身に付かない恐れも有る恐ろしいリールっぽいです(笑。


by steinberger (2010-04-06 22:44) 

やまぴー

1年であんなに汚れるんですね・・・・
来年にメタマグ7をお願いしようかな(笑
それにしても、職人ですね~
by やまぴー (2010-04-07 19:37) 

湖人

ほんとにチャリンコアングラーさんのOHの説明わかり易いですね~!
次の休みの日にOH頑張ってみようとAR用にベアリングとZPIのオイル買っちゃいました♪
失敗せずにできるかドキドキです(笑
by 湖人 (2010-04-08 07:23) 

チャリンコアングラー

ラナさん


すみません。ラナさんのリールを裸にひんむいてしまいました
でもARも含めて回復具合が一番良かったです
特にARはカリカリがなくなってスプールがスムーズに動くようになりました
一足お先に巻いてニヤニヤさせて頂きました(笑)

ラナさんの使用頻度と使い方なら毎年してもいいかもしれませんね
いつでも言ってくださいね
がっつりやらせてもらいます
遠慮なく~
by チャリンコアングラー (2010-04-08 13:11) 

チャリンコアングラー

steinbergerさん


07のメタマグだけなんですかね?あんなにコスパいいの
軽いし飛ぶしメンテナンスしやすいし扱いやすいし…
使い勝手的にはアンタレスよりいいですよ
確かにアンタレスの方が飛びますがバランスとしてはシマノの中でも飛び抜けてます
初めの一個から上級者まで使えるリールですよ!これ
かなりいい
by チャリンコアングラー (2010-04-08 13:17) 

チャリンコアングラー

やまぴーさん

やまぴーの釣行回数ならやっば毎年してもいいかも(笑)
メインのMgは毎年その他を2年~3年ごとって感じかなぁ

やまぴーにシーズンオフはないので(笑)調子落ちたかな?ってタイミングで言ってくださいね
いつでもやりますよっ
by チャリンコアングラー (2010-04-08 13:21) 

チャリンコアングラー

湖人さん


ARは難しくないけどめんどくさいですよー(笑)

そしていきなりつまずきます(-"-;)
ってのもサイドカバーを留めてるeリングが固くて奥にあるので作業しにくいので(>_<。)
怖いけどマイナスドライバーでいっきにガツンといっちゃってください
大丈夫です

ハンドルを外してスタードラグを外すとドラグワッシャーが2枚あります
組むときは向きがあります
こうなるように()組んでください

それとサムレストを留めてるネジが三種類のサイズ違いなので組む時に間違えないようにしてください
ただ違うとこだとはまらないので途中で気づきます

ギアボックス内ではクラッチの爪を留めてるスプリングかな?
足が長い方がボディにつきます
これだけ注意すればバラすのも組むのも簡単です
ベイトリールは部品が少ないので1です回バラすと慣れますよ
パーツクリーナー吹いてグリスアップするだけで恐ろしいくらい復活します
巻き巻きニヤニヤしましょう
手に負えなくなったら引き取りますよ
by チャリンコアングラー (2010-04-08 13:32) 

チャリンコアングラー

そして私は今和歌山にいてたりします
なぜ?
by チャリンコアングラー (2010-04-08 13:37) 

トシ

チャリンコアングラーさんはじめまして。OHのブログとても参考になっています。その影響を受けて今回自分でばらして清掃してみたいと思ってます。現在パーツクリーナーとシマノ純正のオイル・グリスのセットのみ所持しています。リールをばらして組み込む時にどこに何を塗ればいいのかよかったら教えてください。メインギアやクラッチなど普段扱わない部分はグリスでいいのでしょうか。青いキャップの純正グリスを塗ればいいのでしょうか?                   
                                        PS ボート試験頑張ってくださいね。自分は今月学科試験に通りました。実技は講習でしたが、学科は独学でいけましたよ。問題になれればとても易しいですよ。   
by トシ (2011-05-27 17:35) 

チャリンコアングラー

>トシさん

はじめまして。
ギアボックス内の部品が当たる部分には全てグリスを塗ると思ってかまいません

ギアボックス内の白いプラのパーツ(クラッチ)にも薄く満遍なく塗ってあげてください

メインギアやクラッチ周りには”グリス” ベアリングには”リールオイル”
黒いカーボンドラグには『ドラグ専用グリス』
この3点だけ気をつければ問題ありません。

shimano純正が良いと思います。適度な粘度があるので、耐久性があります
by チャリンコアングラー (2011-05-27 17:56) 

まさ

バラそうとおもったらねじがすごくかたくて回らないんですけど、



時計の反対周りであってますかねぇ?
by まさ (2011-12-10 22:38) 

なお

はじめまして。昔の記事に対してのコメントで大変失礼とおもいますが、ブログを拝見させてもらいながらメタマグをオーバーホールしていたんてすが組み上げたあとハンドルを回すとカリカリと音がしてスプールが回らないんですがどこが悪いとかお分かりになりますか?いきなりの質問大変失礼と思いますが教えてもらえたらありがたいです。
by なお (2013-10-21 19:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0