So-net無料ブログ作成

カルカッタコンクエストのオーバーホール [リールのOH]

カルコンのオーバーホール

1年使い倒したカルコン201
ほぼ毎週行ってたので、1年で40回は使ってるでしょうか?
普通の人の倍以上使ってるんじゃないかなぁ~
そうなると、さすがに動きも悪くなるわけで、毎年リールはオーバーホールします

カルコン は構造が簡単なので、メンテが楽です。
せっかくなので手順をご紹介

 


【工具】
・長くて細いマイナスドライバー
・普通のマイナスドライバー
・10mmメガネレンチ
・ピンセット
・ラジオペンチ
・パーツリスト

私は、精密ドライバーを使いません。そこまで細くて小さいネジはないです
ただし、工具類は国産を使いましょう。安物はすぐに舐めてしまいますよ

オススメは、KTCのミラーツール 。レンチ類はかなりいい
ドライバーは、BESSEL/ベッセル マイクロドライバー が使いやすいです
ミラーツールはちょっと高いので、BESSEL/ベッセル マイクロドライバー でそろえると車にもバイクにも使えます
ネジを舐めることは絶対ないです
ピンセットは、薬局で売ってるストレートタイプがいいです。
先が細い割には強いので、Eリングやスナップを外しやすいです
100均ツールは、絶対使わないように!!

【ケミカル類】
SHIMANO純正リールオイルオイル
SHIMANO純正リールグリス
ZPI F−0 パーツクリーナー
・ウェス
・綿棒

リールオイル は、純正品がいいです
というのもワンウェイクラッチは、ちょっとシール類がやっかいなので、通常は指定の油脂が決まってるので。
他のベアリングは、リールオイルなら大丈夫です
spinオイル とか高いから私は使わないけどいいらしいですね
コスパはともかく・・・

【作業場の確保】

広いテーブルに白いウェスを敷くとパーツがよく見えます
私はよくキッチンペーパーを使います
んで、テーブルの上には、作業に使うもの意外はなにも置かないこと!
でないと、E-リングが飛んじゃったときに探せません
まぁ飛ばさないのが一番良いんですが、不可能です(笑)


工具・ケミカルも揃ったので、いよいよばらしましょう

【カルコンの分解】

スプールを外します
外したスプールは、落とさないようにね。エッジが傷ついたら大変なので

20100206_01.JPG


B受けを外します。これは外せますよね(^^♪
20100206_02.JPG


五角形のストッパーをピンセットで摘んで外します
飛ばさないように、手でふたをしながら外してね
確実飛ぶので
20100206_03.JPG

ストッパーを外せば、ベアリングが外れます
アフターパーツで、ZPI製スプール用ベアリング があります。2個で3,600円もします
普通ベアリングは、500円/個くらいなのに
(ーー;)凸
そしてシマノ純正のA-RBは1200円もする。どっちにしろ高い。値段分の効果はあるんだけどね
シマノさんなんとかして
20100206_04.JPG

マイナスドライバでリテーナを外して、ボルトを10mmレンチで外します
私のカルコンはレフトハンドルなので、逆ネジです。
右ハンドルは順ネジなので、逆に回してねじ切らないように
あと、ハンドルを押さえながら外してください
ハンドルの裏に、スプリングがあるので飛びます
20100206_05.JPG

スタードラグとスプリングを外します
20100206_06.JPG


ドラグのワッシャー類を外します
20100206_07.JPG
これも逆ネジです。手で外れますが固いときは、スタードラグをはめて一緒にまわすと外れます
モンキーレンチで外すと変形するのでしないように
これでハンドル関係は外れます。



メカニカルブレーキを外します
普段のメンテなら、ここまででベアリング類にパーツクリーナー &注油で十分です
20100206_09.JPG


サイドカップを外します
E-リングをマイナスドライバ・ピンセット・ラヂペンなどで外します
私はマイナスドライバー派です
一気にガツンといっても大丈夫です。ただしリングは広げないでね。再利用するので
20100206_10.JPG


E-リングがはずれると、もう引っこ抜けます
この細長いスペーサの中には、シーリングのゴムがあるのでなくさないでね
とっても小さいです
シャフトもばらせますが、必要ないので特にばらしません
20100206_11.JPG


メカニカルブレーキのベアリングを外します
五角形のストッパーをピンセットでつまんで外してください
ピンセットでつまんで、逆の手のひらで完全にかぶせて外しましょう
慣れないと確実に飛んでいってどっかいきます
なので、広くて何もないお部屋がいいのです。㌧でも探せる
20100206_12.JPG

いよいよギアボックスを開けます
ハンドル側のサイドカップのネジ3本を緩めます
1本だけ長さが違うので、組み立てるときに間違わないように
パーツリストでも長さは確認できるので、間違わないとは思いますが、念のため

パカッっと外れます
たった3本で止まってるんですよ。簡単でしょ
20100206_13.JPG


ただ、ゆっくり外してくださいね。クラッチのスプリングが飛ぶときがあります
20100206_14_01.JPG

ギアボックスの中身です
古いグリスや鉄粉でドロドロです。ギアボックスの底には水抜きの穴が開いてるので、そこから細かい砂も混入します
カリカリの原因ですね
20100206_14.JPG

メインギアから作業
ドラグプレート→メインギアー→クラッチプレートの順番で外しましょう
ドラグプレートが外しにくいので、ピンセットでつまんで外すと取りやすいです
メインギアには、カーボンプレートが付いてますが私は外しません
20100206_16.JPG
だって・・割れるんだもん。1回割って次シーズンオフに再挑戦でさらに割りました^_^;
そして、Hickey☆さんも確か割ってました(笑)
割ってしまうと、納品に1週間かかります
外さないほうが無難^_^;


こんな感じでドラグは重なってます。
こう見えても裏表があります。間違えないでね
20100206_17.JPG


次にピニオンギアとクラッチヨークを外します
カラーは平らになってるほうが上ですので、組むときに間違えないでね
これも、パーツリストで確認できます
20100206_18.JPG


次にレベルワインドのクロスギアを駆動させるギアを外します
ネジ2本。
20100206_19.JPG

外れました
これも全バラできますが、付いたままでも清掃・注油できます
私は外しません。めんどくさい
ただ、ハンドルを廻してコロコロする場合は、ここのベアリングを交換しましょう
こことメインギアのベアリングにゴミが混入している場合が多い
コロコロは掃除しても直らない
20100206_20.JPG


クラッチカム座金を外します
マイナスドライバーがいい
ネジ2本
20100206_21.JPG

次にクラッチをばらします
このばねを押さえながらピンセットでつまんで、外します
これも飛ばさないようにね
20100206_22.JPG
20100206_23.JPG


クラッチ類のパーツは、ネジ2本とスプリングのみで留まってます
ここが外れれば、クラッチカム・クラッチプレート・クラッチツメは、手で外れます
20100206_24.JPG


クラッチレバーにかかります
クラッチレバーシャフトは、E-リングで留まってますので、マイナスドライバーで外します
中にワッシャーが、1枚か2枚入ってます
1枚か2枚?うん。そう。このワッシャーは隙間調整もかねてるので製品によっては1枚のものもあります
パーツリストでは、1枚になってますが、私のカルコンは2枚入ってます
20100206_25.JPG


外れました
20100206_26.JPG


あとは引っ張れば、シャフト・カラー・クラッチレバーが外れます
20100206_27.JPG


中まで綺麗に洗ってあげてください
普段は洗いにくいので
20100206_28.JPG


最後にレベルワインダー
一番外に付いてるのに外すのは最後です
なので、ここに砂やラインくずを巻き込むとメンテが大変なので気をつけてね20100206_28_01.JPG

先にレベルワインダーの下からマイナスドライバでギア受けカバーを外します
クロスギアが固定されてるときに外した方が外しやすい
ギア受けカバーの中にちっちゃいギア受けとワッシャーが入ってるので、なくさないでね
パーツクリーナを吹いたときにワッシャーが出てくることが多いです



クレッチレバーシャフトのE-リングを外します
今まで外したE-リングは全てサイズが違うのでごっちゃにならないように
20100206_29.JPG


カラーごとクロスギアとシャフトを外します
20100206_30.JPG


レベルワインダーガイドのE-リングも外します
20100206_31.JPG


一緒にシャフトカバーも外しましょう
最後にクロスギアカバーを外します
最後の金属パーツ
20100206_32.JPG

はい。バラバラ
メイン部分は、バケツに水と中性洗剤を入れて洗うと早くて綺麗になります
駆動部分はもう付いてないですから大丈夫です
20100206_32_01.JPG


洗浄前
20100206_32_02.JPG


洗浄後
20100206_32_03.JPG

パーツの部位ごとにケースやお皿で仕分けすると組む時に楽です
20100206_33.JPG
私の仕分けは

・外部ハンドルパーツ類
・メカニカルブレーキ類
・サイドカップ類
・メインギア類
・ピニオンギア類
・クラッチギア類
・外部クラッチレバー類
・レベルワインダー類

と仕分けします。参考までに
慣れるまでは仕分けしたほうがいいです。

自信があれば、ベアリング、カムだけ別にして洗浄油に1日漬けておくといいです
洗浄油は、模型やさんとかに売ってます(ラジコン用)

私はめんどくさいのと、酷いようならベアリングは交換しちゃうのでF−0 パーツクリーナー で済ましてます。
揮発性なので、すぐ乾くしね

特に記載しませんでしたが、パーツを外すごとにF−0 パーツクリーナー を吹いてあげると楽です
最後に一括清掃は、ちょっとめんどくさい


【カルコンの組立作業】

バラしたときと逆の順番です。たぶん(笑)
整備マニュアルではどうなってるんでしょうね
マニュアルがあれば、締め付けトルクとかも書いてあるし手順もあるから便利なのに


最初はレベルワインダーから
クロスギアカバーを取り付けて
20100206_33_05.JPG


とりあえず仮組みです。
ワインダーカバー、ワインダー、クロスギア、両サイドのカラーを取り付け
ベアリングも取り付けてください

このときにカラーの両サイドを押さえておくのがキモ
20100206_35.JPG

カムの真ん中が+字になってて貫通しているのとしてないのがあるので、ここにシャフトを通して固定してください
十字にぴたtりはまります。ただし黒いカラーがちゃんとはまってないとE-リングがはまらない

最後にカラーを取り付けるとワインダーカバーがなかなか付きません
きっちりはまったカラーへクロスギアを通すほうが、作業が早いです

なのでカムの+字のところへクロスギアを挿れたり出したりして引っ掛けてください
じつわここが一番難しいところ。
写真はシャフトが浮いてる状態
あとは簡単
20100206_36.JPG


ワッシャーを入れてからE-リングで固定
サイズを間違えないように
20100206_37.JPG


クロスギアピンを入れて
20100206_38.JPG


クロスギアカバーを取り付け。小さいワッシャーが入ってるので忘れずに
ギアを廻してワインダーがスムーズに動くならOK
もう、山は越えました(^^♪
20100206_39.JPG


クラッチレバーの取り付けに入ります
向きはこう
注意して欲しいのが、古くなってくるとこのカラーが磨り減って斜めに削れてきます
そうなると・・・切ったクラッチがすぐ戻る。あるいは、キャストした瞬間にまたクラッチが戻るといった故障が発生します

これは、シマノ全般でなります。ダイワとかと違ってクラッチレバーが片持ちなので、下半分が削れ易いのです
シマノさん・・・対策ないですか?
20100206_40.JPG


シャフトを通して、カラーを入れてワッシャーを入れます
20100206_41.JPG
20100206_42.JPG


ワッシャーは製品によっては、1個だったり2個だったりです
20100206_43.JPG


E-リングで固定
グリスは薄くたっぷり満遍なくが基本です
特に記載しませんでしたが、金属やギア、シャフトがあたる部分にはグリスを塗ってくださいね
んで、ベアリングにはSHIMANO純正リールオイル です。ベアリングにグリスは塗らないように
念のため
20100206_44.JPG


クラッチのアームをセットして
カバーとロッカーアームを組んで
ベアリングと座金をセット
座金はネジ2本
いったいこのベアリングの役目って??
シャフトも通ってないし、稼動もしない部分にあります。カラーでいいんでないかい?
シマノさん!
20100206_45.JPG


最後にスプリングで固定
ギアボックスの底が見やすいのはここまでなので、グリスの塗りにくいところがあれば忘れずに今の内に塗っておいてください

20100206_46.JPG


メインシャフトを組みます
ネジは2本レベルワインドギアとメインシャフトのギアとがしっかりかみ合うように
押し込まないでね。やさしくして・・・
グリスで滑りやすくしてクリクリするとはまりやすい
人も機械も一緒です(なにがだよ)
20100206_47.JPG


ストッパーギアを取り付けます
指でちゃんと凸凹部分にクラッチツメが、はまるか確認してくださいね
20100206_48.JPG


んで、ドラグプレートを取り付け
このドラグの密着部分には粘度の高い「ACE-2グリス」をつけてあげて下さい
釣具屋さんで「シマノ純正のACE-2グリスください」といえば、取寄せてくれます
800円です
20100206_49.JPG


メインギアをつけて
20100206_50.JPG


ドラグプレートを乗せる
一応向きがあるので注意してね
この一連のドラグパーツにはACE-2グリス
塗りにくいし、手がギトギトになるのでウェスで手をこまめに拭きながら作業するとやりやすい
20100206_51.JPG


んで、カラーを取り付けです
出っ張ってるのが下
20100206_52.JPG


いよいよ大詰
カラーとピニオンギアを組んで取り付け
カラーの平らな方が上です
20100206_53.JPG


カラーを廻しながらグリスをギアへ薄く満遍なくたっぷり塗りましょう
歯の部分に綺麗に塗ってね
20100206_55.JPG


スプリングをクラッチカバーに組んでギアボックス内は終了
20100206_56.JPG


どお?めっちゃ綺麗になったでしょ?
こんなに違います
20100206_57.JPG 


サイドカップをかぶせます
20100206_58.JPG


このときにメインシャフトを軽く動かしてあげてください
メカニカルブレーキの隙間からピニオンギアが動いていたら確認OKです
20100206_59.JPG


ベアリングを入れて、五角形のストッパーで留めます
しつこいようですが、飛ばさない
20100206_60.JPG


メカニカルブレーキを取り付けます
20100206_61.JPG


シーリングカラーの付いたベアリングを入れて
ワッシャーをかぶせます
20100206_62.JPG


2枚同じ形の歪んだワッシャーを入れます
向きは()←こうなうように重ねてください
歪みがなく変形しているようなら交換してください
ドラグの効きが変わります
20100206_63.JPG


ワッシャーを組んで上から座金で固定
レフトハンドルは逆ネジです
スプリングを組んで
20100206_64.JPG


スタードラグを座金の四角も一緒にはまるように最後まで組んでください
この黒いところも外れますが、ドラグのカチカチがおかしくなったら外す程度でいいです
あけるとめっちゃ小さいパーツが一個だけあるだけです
20100206_65.JPG


スタードラグを押さえながらハンドルを組んで、ナットで締め付け
押さえてないとスプリングで浮きます
10mmレンチで締めこんだらリテーナーを組む
20100206_66.JPG


最後にサイドカップ
ダンパーブッシュをはめ込みます
20100206_67.JPG


カラーの中には、ゴム製のO-リングが入ってます
20100206_68.JPG


ピンセットで押し込んでね
シーリングです
20100206_69.JPG

E-リングではめ込んで固定
E-リングはφ2mmサイズ間違えないでね
20100206_70.JPG


B受けにベアリングを入れて五角形のストッパーで固定
飛ばさない
20100206_04.JPG


スプールを入れてB受けを組めば完成間近!!
20100206_01.JPG
ハンドルをくるくる廻して確認
新しいグリスが浸透するにはちょっと時間かかります
翌日の朝廻してもゴロゴロ感が残るようであれば、ベアリングを交換しましょう
ゴロゴロの犯人はベアリングです



最後の仕上げにウェスにパーツクリーナをしみこませて、外装を拭いて油まみれのボディを綺麗にして完成
20100206_71.JPG
一年間お疲れ様でした

そして来シーズンもよろしくお願いします
はぁ~まだアンタレスが・・・・憂鬱


【補足1】ハンドルノブ

ハンドルノブも外れます
ピンセットで穴をほじって引っ張れば取れます
20100206_72.JPG


ここにもベアリングがあるんですよね
F−0 パーツクリーナー で吹いてシャフトにグリス。
ベアリングにSHIMANO純正リールオイル
20100206_73.JPG
これがバカにできない

掃除すれば、驚くほど感度があがりショートバイトから底の状況、ルアーのウォブルが感じ取れます
ハンドル交換する前に一度試してみてくださいな
純正部品の100%の能力を出し切ってあげてね


 【補足2】1年間のよごれ


こんな感じ
20100206_74.JPG
緑は琵琶湖&野池のウィードよごれ
黒は古いグリスと泥
チラッっと光るのは、鉄粉

1年でこんだけ汚れる
20100206_75.JPG



【補足3】オーバーホールの値段

お店に出せば、分解清掃で大体4~5,000円/台
部品交換があれば7~8,000円です

自前でやれば、SHIMANO純正リールオイル などで初期投資3000円くらい
これで、10個はOHできます


【補足4】なぜダイワのグリス?

理由は3点
・手に入りやすい
・チューブ式で塗りやすい
SHIMANO純正リールオイル は、スプレー式で塗りたくないところまで塗ってしまううえに、リールオイルと色形がにてて間違える

ってな理由です

リールオイルはスプレーだけど、グリスに関しては、スプレーは使いにくい
シマノ純正サービスグリス(SHIPグリス)の方なら取寄せできます。
カップ1つで800円。新品購入時に塗ってあるのはコレ


nice!(3)  コメント(29)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 29

ラナ

僕には絶対無理!見てたらキェ~ってひっくり返したくなります。

知らなかったら気にしないのに

中が気になって来た。
by ラナ (2010-02-07 11:21) 

バードハンター☆あきら

ラナさんに続く感想です^^;

ショップが行う程のレベルかと・・・僕も気になったらする程度ですがここまでは

中が気になって来た(上記抜粋 笑)
by バードハンター☆あきら (2010-02-07 11:41) 

うさぎ

すばらしい~

やー私もそろそろシーズンに向けて始動準備しておかないと・・・
自力はあっさり諦めメーカーのオーバーホールにだしたました。
http://fservice.shimano.co.jp/campaign/index.html
※500円引きってのがあるみたいです。
メイン機になるであろうアンタとツインをとりあえず出してみました。
追加費用の連絡がないので見積もりの範囲内でいけてるのか?
返ってきたらまた報告します。

by うさぎ (2010-02-07 12:56) 

チャリンコアングラー

>ラナさん

分解清掃でかなり巻き心地は変わりますよ
確かにギアボックスまで開ける人は少ないですが、ハンドル部分を外して清掃・注油だけでも変わりますよ

使用頻度とフィールドにもよりますが、2年~3年に1回位のオーバーホールでいいと思いますよ
特に湖北メインでカラーラインを使わないラナさんならリールは綺麗だと思います

>バードハンターあきらさん

超音波洗浄機があればいいんですが・・・
ベアリングは超音波洗浄かけたいですね
ショップなら持ってるんですけどねぇ

あきらさんもボートメインでしたから、中身の汚れは少ないと思いますよ
グリスが古くなるのは避けれませんが、それでもボートメインの場合は、リールを使い分けるので長持ちします

>うさぎさん

うさぎさんも始動ですね(^^♪
金がなくてヒマがあるので(笑)自前オーバーホールです

にしても、メーカーOH安くなりましたね
昔の方が高い・・・
昔に出したときは5000円近くしました。分解・清掃だけじゃなく交換もしたのかな??

お値段報告待ってますね(^_-)-☆
その値段なら、何個かはメーカーに出したほうが楽かもxxx
アンタレスは、めんどくさい(ーー;)
by チャリンコアングラー (2010-02-07 14:26) 

湖人

ここまでばらせても組み立てられる自信ないなぁ(笑
スプールはずしてオイル挿すまでしかほとんどした事ないです・・・。南湖メインなので中身ドロドロしてそう^^;
怖い怖い(笑



by 湖人 (2010-02-08 04:25) 

チャリンコアングラー

>湖人さん

カルコンは非常に簡単です
というのもネジが全て見えるので(^^♪
カルコンならプラモデルが作れるならできるってレベルです
部品点数が少ないので、プラモデルの方が難しいかも

アンタレスは・・・ちょっとバラシにくいケド・・・

結構ウィードの汚れが目立ちました
お互い南湖でよく使いますから同じかも?
メインシャフトとハンドル、ハンドルノブに細く切れたウィードが絡まってました

ハンドル周りを外して清掃するだけでも巻き心地変わりますよ
by チャリンコアングラー (2010-02-08 11:58) 

someking

いやー見てはいけないものを見てしまいました。やらねばと思ってもなかなか手が出なかったここ数年。替えのリールもそろったことだしモラム達を綺麗にするか・・・久しぶりで元通りに出来んかも。

by someking (2010-02-08 13:02) 

チャリンコアングラー

わかっててもついつい目をつぶって見なかったふりをしてしまうリールのメンテ^^;

だってめんどくさいもんね(笑)
でも、本腰入れて一度はじめると楽しいんですよね
もともと機械工学部ですから機械いぢりは大好きです

かといって、数が多いと・・・めんどくさくなるのもリールのメンテです^^;

久しぶりにすると、バラす順番を忘れてしまいますよ~
by チャリンコアングラー (2010-02-08 20:54) 

やまぴー風速5

間違いなく出来ません。
覚えると詳しく慣れるので勉強になると思いますが・・・・
ムリっす!
アブをOHしないといけないので、あきら氏経由で疑似餌屋へ依頼します(笑
by やまぴー風速5 (2010-02-08 21:54) 

Hickey☆

OHお疲れ様でした!

ドラグワッシャー破壊した者です(^ω^;)
あれはちょっと脆すぎますよね。。。

自分の場合は使用頻度の高いのは年1回、
その他は3年に1回位です。

それと、中古で買ったらまずはOHします。

自称手先は器用なので、
自信はあるんですが、
アンタレスだけはもう2度と開けたくないと思いましたσ(・・。)
by Hickey☆ (2010-02-09 02:14) 

チャリンコアングラー

>やまぴーさん

パーツリストさえあればどのリールも誰でもばらして組めますよ

というのもリールって機械式なのでギアボックスの中身はメーカー問わず中身は一緒なんです

違うのはギアボックスを開けるまでが違うだけなんです
でも3000円程度ならメーカーに任した方が楽そう(^^;)
by チャリンコアングラー (2010-02-09 21:58) 

チャリンコアングラー

>Hickeyさん

あのカーボンドラグワッシャーは何故にあんなにもろいんでしょうか(>_<。)
連敗してあきらめた人です
専用工具がいるのかなぁ

先日アンタレスのクラッチが戻らなくて半分だけ解体したんですが・・・
なんてめんどくさい構造(笑)
サムレスト外すのもうざかった(--;)

でもまだアンタレスのOHが2台も残ってる((((゜д゜;))))
by チャリンコアングラー (2010-02-09 22:12) 

やまぴー風速5

開けて色々してみるのも楽しそうなのですが、
直らなかったら修理出しでまた金額が掛かります
ド素人の私は、店に出した方が賢明ですね(笑

色々な技術や知識を持たれてるのが凄いです
by やまぴー風速5 (2010-02-10 21:22) 

チャリンコアングラー

>やまぴーさん

パーツに欠品さえなければ、くっつけれますよ
ベイトリールは、チヌ用もシマノだったのでシマノしかばらしたことないですが、組みなおせなかったら「メンテナンスショップ・チャリンコ」へどうぞ(^^♪

シマノ製リールなら大丈夫です
by チャリンコアングラー (2010-02-12 15:01) 

バードハンター☆あきら

OHの際は「メンテナンスショップ・チャリンコ」さんを

利用させてもらおうかなぁ~^^
by バードハンター☆あきら (2010-02-12 18:09) 

やまぴー風速5

来年末に挑戦してみようかなぁ~
DCはどうなんでしょ?

by やまぴー風速5 (2010-02-12 19:50) 

チャリンコアングラー

>あきらさん

アンタレス以外ならOKですよ(笑)
アンタレスは、自分のをばらすのもめんどくさいですから^_^;

今週中にアンタレスもバラす予定なので、またアップしますね

>やまぴーさん

たぶんDCも構造は一緒だとおもいますよ
デジコンが付いているだけで、巻く部分は機械式ですからギアボックスの中は通常のカルコン・アンタレスと一緒だと思います

開けてみないとわかんないけど・・・たぶん一緒
かな?
挑戦楽しみにしてますよ~
by チャリンコアングラー (2010-02-13 09:42) 

カズ

いきなり来て質問ですいませんm(_ _)m
ドラグプレートってやっぱり向きがあるんですね!
私も自分でオーバーホールやってるんですが見分けがつかなくて・・・
もしよろしければ裏表の見分け方、教えていただけないでしょうか?

by カズ (2010-05-10 20:53) 

チャリンコアングラー

カーボンドラグプレートですかね
黒い丸いの

これには裏表は無かったはずです
どっちも同じでガサガサなようなつるつるなような感じです
専用の粘土の高いドラググリスを塗ってあげてください
薄くで大丈夫です

ドラグを挟み込んでいる座金には裏表があります
クラッチ爪がはまるストッパーギアは、見て解ると思います
爪がはまって動きにくそうな方向でつけてあげてください

ワッシャーみたいに大きな座金は・・・
最後に筒みたいなカラーをはめ込むパーツがあるんですが、恐らくそのカラーの跡が残ってると思います
使い込むとすれて跡が付くので

自分でメンテして組みなおしたらラインも巻いていないのにリールを巻き巻きしてニヤニヤしますよ

変態の世界へようこそ(笑)
by チャリンコアングラー (2010-05-10 23:24) 

カズ

私もすでに変態です・・・

カラーの跡ですか・・・今見たら両方付いてます(汗)
他に見分ける方法ってありますかね??

またまた質問ですいませんm(_ _)m
by カズ (2010-05-11 00:48) 

チャリンコアングラー

たぶんメーカーさんが一回オーバーホールしてるんですかね
もう当たりが付いてるのでどっちでもいいですよ
元は裏表対象のパーツですから

ただ、組みなおすときは通常は同じ向きで組みます
でないとまた当たりを取るので動きが硬くなりますから
ギアとクラッチ爪がはまるストッパーギアさえ逆につけなければOKです
by チャリンコアングラー (2010-05-11 10:58) 

カズ

メーカーには一度も出したことないです。
買った時からドラググリスも仕入れて自分でやってます。
最初はバカみたいに時間かかりましたけど・・・
最近どこかの掲示板で裏表があるって知ったもんで・・・気になって(汗)

親切にコメントしていただいて有難うございましたm(_ _)m
by カズ (2010-05-11 23:04) 

S

クラッチのアームをセットして
カバーとロッカーアームを組んで
ベアリングと座金をセット
座金はネジ2本
いったいこのベアリングの役目って??
シャフトも通ってないし、稼動もしない部分にあります。カラーでいいんでないかい?
シマノさん!

ピニオンギアの軸受けです。
気になったのでコメントを入れさせて頂きました。
by S (2011-09-05 23:35) 

チャリンコアングラー

コメントありがとうございます!

やっぱりあるとこにはそれなりの理由があるんですね

ばらしてると何でだろ?とかこうしたらもっと…とか考えちゃう

アンタレスの外装を一体型にしたら軽くなるのに…とかメタMgのレベルワインドの片側だけでもベアリング受けしたらもっといいなとか

考えちゃうとキリがないですが(笑)
by チャリンコアングラー (2011-09-07 08:20) 

とん子つ

初めましてとん子つと言います

先日、バスデビューした折に
知人からカルカッタ100XTを頂きまして
自分でOH出来ないかとOH方法を探していたら
たどり着きました

OHは素人でも可能でしょうか?
自己責任でトライしようと思います

よろしくお願い致します。

by とん子つ (2011-11-05 14:25) 

gaki

カルコンの中身見に来ました♪

コメントで皆難しそうに言ってるけどオーバーホール簡単、(アンタレスは大変らしいですが)
俺みたいな普通のガキでも自分の使ってる道具は全部OH出来る
だからしっかり仕事こなす社会人ならきっとイケる!!
工具と油類そろえるのが大変ですが、
プラモデル作れる人はオーバーホールやっていいと思う!

まず最初に自分の使ってるリールと同じリールをOHした人をネットで探してみると凄く参考になると思いますよ!!

カルカッタ使ってる人もこの方の一枚一枚の写真とかていねいな説明文あれば絶対出来ると思います♪


by gaki (2012-03-23 00:41) 

カルコン好き

はじめまして!

いきなり質問すいません…

ストッパーギヤの向きがわからなくて困ってます…

スタードラグ板はシマノに聞いたら向きが無いと言われたんですが、無いんでしょうか?
ストッパーギヤは目印がある方が座金に当たる方と言われたんですが…
by カルコン好き (2013-03-04 14:54) 

せがやん

こんばんわ!
自分のカルコンのOHで参考にさせていただきました。
ちゃりんこアングラーさんが推奨しているシマノのドラググリスのACE-2なのですが、ベイトリールはカルコンだけは使用不可となっているんですが、実際のところは使用は大丈夫なのでしょうか?
by せがやん (2013-06-27 20:40) 

いぐ

はじめまして。
ひょんな事から手に入れたカルコンはがびかびのゴリゴリでした。
主様のブログを参考にOHした所、シャリシャリ位まで回復しました。
メインギア交換の価値あるかな?しばらく様子見てみます。

自分でここまで出来たのは このブログのお陰です。本当にありがとうございました。
by いぐ (2017-06-01 23:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。